生活術

一人暮らしの男の部屋が汚い理由と明日からできる改善策。「割れ窓理論」とは?

dirty-room-for-a-man-living-alone

  

ユーレス
こんにちは、ユーレスです。

  

この記事はこんな方へおすすめ

・部屋の掃除が苦手な一人暮らしの男性

・部屋が汚く友達や恋人を呼べずに悩んでいる人

・一人暮らしの部屋を綺麗に保ってピカピカのお部屋を目指したい人

  .

突然ですが、あなたはどれくらいの頻度で自分の部屋を掃除できていますか?

  

「みんなの声」の調査結果をまとめた記事によると、

男性の10人に1人はなんと1年に1回しか掃除をしていないという結果が明らかになりました。

【参考引用】

部屋の掃除の頻度を調査。男性の10.2%は1年以上してないと判明 | sirabee編集部

  

仕事や日々の生活で忙しい気持ちは理解できますが、汚い部屋には全くメリットがありません。心身に悪影響を与えてしまうというのはあなたも承知のはずです。

そこで、こちらの記事では以下のようなことをご紹介していきます。

  

この記事でわかること

・一人暮らしの男性の部屋が汚くなってしまう原因

・一人暮らしの男性の部屋が汚いことで生じるデメリットについて

・一人暮らしの男性の部屋を少しでもピカピカに保つための方法について

こちらの記事を読んで、自分の部屋に目を向けて、綺麗にしたいと思えるように、そして綺麗にするための努力を始められるように頑張ってみませんか?

それでは解説していきます。

  

一人暮らしの男の部屋が汚い原因とは?

一人暮らしの男の部屋が汚い原因とは?

まず、一人暮らしの男性の部屋が汚くなってしまう理由についていくつか具体的な原因を説明していきましょう。

掃除をする時間が取れないから

まず一つ目に挙げられるのが、仕事などの忙しさのために時間が取れず、掃除をする余裕がない点です。

残業後に帰ってきてくたくた…。なんて時に掃除をする時間をわざわざ割こうと思うのは厳しいでしょう。

  

また、残業でそもそも家に帰ってきては夕飯を食べて寝るだけの生活を繰り返しているという人も多いはず。

掃除にはまとまった時間が必要になるため、時間がない生活を送っている社会人にはそのための時間を割くのは難しいです。

  

このように、残業などの仕事のせいで日々時間を取れないために掃除をする余裕がないというのは一つの理由として挙げられるでしょう。

物が多いから

次に掃除ができない、というよりは「物が多い」という理由が挙げられます。

物が多い部屋はたとえ掃除ができていたとしても、はたから見れば「汚い」という印象を持たれがちです。

ごちゃごちゃとしている=汚い、清潔でないという印象を抱かれてしまいます。

このように、物が多いために汚い部屋だと思われてしまうというケースは少なからずあるでしょう。

掃除が面倒くさいから

3つ目の理由に掃除がそもそも面倒くさいという理由があります。特に人を呼んだり、やる気にならなければ人間は掃除はしません。

男性の場合、女性に比べて身だしなみなどにも無頓着な人も多いため、部屋も明らかに汚くなければ「面倒だし掃除しなくていいや…」と思ってしまう人も多いでしょう。

このように、部屋がよっぽど汚くなければ面倒くさいし掃除しない、という思考の男性が多いのも理由の一つになります。

一人暮らしの男の部屋が汚いと起こるデメリット2つ

一人暮らしの男の部屋が汚いと起こるデメリット2つ

次に、部屋が汚いと実際にどのようなデメリットがあるのか具体的にいくつか例を挙げてご紹介していきましょう。

もしも汚部屋になってしまっている方がいたら、このようなデメリットを被っていないか確認してみてください。

アレルギーを発症する危険性がある

まず第一に、部屋に溜まったほこりやゴミ、ダニの死骸など見えないゴミが部屋に溜まりアレルギー症状が発生してしまうリスクがあるというものです。

ハウスダストアレルギーは目に見えない部屋中の小さなゴミや汚れ、菌などにより発症し、その原因には、鼻炎や目の痒み、皮膚炎やぜんそくなどの症状が挙げられます。

ハウスダストアレルギーは誰にでも発症するリスクがあるため、ならないためにも部屋を綺麗に保つ必要があります。

そのため、部屋を掃除せずに汚い部屋で生活しているために、これらの症状に苦しめられるようになってしまいます。

【参考】

ハウスダストの原因とアレルギー症状 日常生活でできる対策 | アレラボ

メンタルの不調に繋がる

次に、精神的な悪影響を及ぼす点が挙げられます。

「割れ窓理論」という考え方があり、具体的には割れた窓のような荒れた環境を放置しておくと、犯罪が増える一方で環境を改善すれば犯罪を減らせるというものです。

これにはアメリカのデトロイトでの政策などが有名です。

これらの政策や研究からメンタルと環境は密接に関係していると明らかになっています。

そのため、汚い部屋に住んでいるとストレスがたまったり、精神的な悪影響につながってしまうのです。

このように、汚い部屋で暮らし続けていると心身に悪影響を及ぼすため、環境を改善する必要があります。

一人暮らしの汚い男の部屋をきれいにするための方法を3つご紹介!

一人暮らしの汚い男の部屋をきれいにするための方法を3つご紹介!

それでは、具体的にどのような方法で部屋を綺麗にしていけばいいか、いくつか方法を説明していきましょう。

断捨離する

まず最もシンプルな方法がいらないものを捨てる方法です。

掃除をする気力がわかない理由の一つとして、物が多く部屋がごちゃごちゃとしているというのがあります。

物を減らせば掃除もしやすくなりますし、綺麗な環境を維持しやすくなりますよ。

そのため、不要なものを処分したりメルカリなどのフリマサイトで売って物を減らして掃除をしやすい環境を作るのはお勧めです。

家事代行サービスを利用する

次に、家事代行サービスを利用して掃除を代わりにやってもらう方法が挙げられます。

家事代行とは料金を支払えば、掃除や洗濯といった家事をやってもらえるサービスです。

利用している人の2人に1人が家事をする体力や気力がないために利用していると明らかになっています。

もしも仕事の忙しさなどで家事をする気力や時間がない人は、このようなサービスを利用してみるというのも一つの手ですよ。

【参考引用】

平成29年度商取引適正化・製品安全に係る事業 (家事支援サービス業を取り巻く諸課題に係る調査研究) 調査報告書 | 株式会社野村総合研究所

ロボット掃除機を活用する

3つ目に、ロボット掃除機を利用して部屋の掃除を行ってもらう方法があります。

例えばルンバのようなロボット掃除機の中でも、最新型のものは集めたごみを自動で回収して集めてくれる機能も備わっています。

そのため、定期的に溜まったごみを捨てるだけで綺麗な環境を保てるんです。

このように、ロボット掃除機を有効活用して代わりにゴミ取りをやってもらうのは非常におすすめです。

  

ロボット掃除機のルンバなどは値段が高いというご意見もありますが、最近はレンタルやサブスクで手軽に利用できるサービスも始まりました。

買うのはためらっているけど、ちょっとだけ試してみたいという方は下記の公式サイトからチェックしてみてください。

公式サイトはこちら→ロボット掃除機ルンバ公式サイト

  

またこちらの動画も興味があればご覧ください↓

まとめ 一人暮らしの男の部屋が汚い理由と明日からできる改善策。「割れ窓理論」とは?

まとめ 一人暮らしの男の部屋が汚い理由と明日からできる改善策。「割れ窓理論」とは?

それでは今回のまとめです。

一人暮らしの男性の部屋が汚い理由

  • 残業などで時間が取れない
  • 物が多い
  • 掃除がめんどう

汚い部屋で生活していると起こるデメリット

  • アレルギーなどの発症
  • メンタルの不調、割れ窓理論

■汚い男の部屋をきれいにするための方法3つ

  • 断捨離
  • 家事代行サービス
  • ロボット掃除機

部屋は毎日使うものだからこそ、仕事や日々の生活で疲れた心や体を癒すために美しい環境である必要があります。

また、部屋が汚いと人を呼べないですし、そのことを知られてしまえば周囲の人にもずぼらな人だと悪い印象を与えてしまうでしょう。

このように、多くの時間を過ごす、かつ自分のための環境だからこそ清潔に、気持ち良い場所にしてあげたいと思いませんか?

  

そのためにも時には自分以外の力を使ってでも、綺麗なお部屋を保てると良いですね。

それでは今回は以上です。

 

関連記事:掃除をすると疲れますっていうダメサラリーマンへ裏ワザを3つ伝授

関連記事:独身サラリーマンに見てほしい!おすすめ時短家電3選【最近はレンタルもできる】

関連記事:時間を節約したいサラリーマンへ5つの裏ワザ!毎日のスキマ時間を1時間増やします!

  

-生活術