その他

努力したくない…実は5割のサラリーマンが何もしていない、原因と解決策を解説

i-dont-want-to-make-an-effort

  

ユーレス
こんにちは、ユーレスです。

  

本記事はこんな方へおすすめ

 ・努力をしないといけない…と思っているけどしたくない気持ちが優先して何もしていない人

・努力をしたくない原因について知りたいと思っている人

・自分を変えるためにどんなことをすればいいか知りたい人

  

突然ですが、皆さんは仕事やスキルアップのために何か努力をしていますか?

  

ベースメントアップス株式会社の調査によると、社会人の約半分はスキルアップのために何もしていないという結果となりました。

【画像引用、参考】
社会人も学び続けなければいけない?”スキルアップのために何もしていない人”は… | FNNプライムオンライン

  

  

給料も出ないのに会社のために努力しないといけないとか意味が分からない…と思う方も少なからずいらっしゃると思います。

しかし、スキルアップのための努力には様々なメリットがあるんです。

  

こちらの記事では、以下のことについてまとめていきます。

この記事を読んでわかること

・努力したくないという気持ちの原因

・努力したくない、そのままでいるとどのようなデメリットを被るか

・努力したくない自分を変える方法3つ

努力したくないという気持ちの原因はこの2つ

努力したくないという気持ちの原因はこの2つ

それでは、まず努力したくないという気持ちがわいてくる理由についていくつか原因を見ていきましょう。

報酬がないから

心理学者のスキナーが提唱した「オペラント条件づけ」という考え方の中には、「報酬学習」 というものがあります。

これは、報酬があるから努力をするという行動神経科学の考え方になります。

例えばスキルアップのために時間を割いても、報酬として賃金をもらうことはできません。そのため、努力をしたくないという気持ちがわいてくるのが一つの要因となります。

モチベーションがわかないから

2つ目の理由として挙げられるのは、モチベーションが湧くような状態ではないことです。

メディケア生命の調査によると、ビジネスパーソンのうち、心身の疲労を感じる人は全体の7割程度に至るという結果が明らかになりました。

そもそも仕事が忙しく、時間がなかったり、人間関係のストレスがたまったり。

実際にスキルアップに成功して、資格や知識を取得したとしても結果的に評価されなかったり、知識を生かす場がないというケースも少なからずあります。

そのため、結果的に心身共に消耗し、努力をする気力をなくしてしまうのではないでしょうか。

【参考】

ビジネスパーソンの疲れとストレスに関する調査2018 | メディケア生命

努力ができないことによって生じる3つのデメリット

努力ができないことによって生じる3つのデメリット

それでは、努力ができないことで生じてしまう3つのデメリットについてご説明していきましょう。

できることが増えない

スキルアップのための努力ができないと、何かをできるようになれません。

結果的に、できることの幅が広がらないため、成長に繋がらなくなってしまいます。

例えば、新しいことをやりたいと考えたり、自分のやりたい仕事に挑戦したいと思ったとします。

努力ができないために、できることが少ない結果、実際に新しいことに挑戦する際にに必要な能力が足りていないことで、結果的に何かに挑戦する機会を逃してしまうことになる可能性があります。

諦め癖がついてしまう

スキルアップを中心に、何かに努力ができないことで結果的に何も達成できなくなってしまいます。

そうすると、達成感が得られないばかりでなく失敗や挫折の連続となってしまい、結果的に無力感が募ってしまったりします。

その結果、自分は努力できないし、努力しても無駄なんだという諦め癖がついてしまい、自尊心が低下してしまうことで、ますます努力ができなくなってしまうのです。

周囲からの評価の低下

スキルアップのために努力ができないと、会社で技術向上のために何かしていることがあるか質問された際に、何も答えられなくなってしまいます。

また、努力したくないという気持ちは、どうしても隠しきれないものであるため周囲から察知されてしまいます。

その結果、「この人は努力をしたがらない人だ」ということを察せられてしまい、周囲からの印象や評価が低下してしまいます。

また、会社からの評価も低くなってしまい、昇給やキャリアアップに悪影響を及ぼしてしまうでしょう。

努力をしたくない自分を変える3つの方法

努力をしたくない自分を変える3つの方法

ここまでの記事を読んできて努力したくないという自分を変えたいと思った方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、こちらの記事ではそんな自分を変える方法や、それでも努力したくないという方におすすめな方法を3つご紹介させていただきます。

まずは好きなことを努力する

努力をしたくないと思っている人は、実際のところ仕事のスキルアップのように、自分の興味のないことや嫌いなことに関して頑張れないだけの可能性が少なからずあります。

まずは自分自身を見直して、好きなことのための努力をできているか確認してみましょう。もしも、好きなことに関しては頑張れているのであれば、そのことに関する努力をするとよいでしょう。

そのうちに、別のことに関して努力を使用と思えるようになったり、仕事のスキルアップのための努力をしたくないという気持ちが少しずつ薄れていくかもしれませんよ。

また、物事は案外色々な方向につながっています。あなたの好きなことに関する努力が仕事に活かすことができる可能性も大いにあり得ます。

大切なことは、できる努力を継続していくことではないでしょうか。

休養 

努力をしたくない、と思うときは努力をするための時間や体力が足りていない可能性が高いです。人間は何かを頑張るためには余裕が必要です。

そのためにも、何かを頑張りたいけど頑張れない、努力したいけれどそのために気力がわいてこないというときには休息をとることも大切な手段になってきます。

努力しなくてもよい方法を探す

日本最大級の匿名掲示板である2ちゃんねる(現5ちゃんねる)の解説者である西村博之さんことひろゆきさんは、著作である「1%の努力」でこのように語っています。

“世の中、努力信仰で蔓延している。それを企業のトップが平気で口にする。ムダな努力は、不幸な人を増やしかねないので、あまりよくない。”

仰る通りで、努力をしたから報われるというわけではないのが現代です。そのためにも、最低限の努力をすることや、努力をしないで楽をする方法を模索していくというのも一つの手段になります。

【参考】

僕が「努力不要論」を語るワケ | ORICON NEWS

まとめ 努力したくない…実は5割のサラリーマンが何もしていない、原因と解決策を解説

まとめ 努力したくない…実は5割のサラリーマンが何もしていない、原因と解決策を解説

それでは今回のまとめです。

  •  努力をしたくないと思う理由は報酬としてお金や評価が得られなかったり、体力的な消耗のせいで努力をするモチベーションが湧いてこないから
  • 努力をしたくないまま、何もしないでいるとできることが増えないため、失敗や挫折をしてしまい、結果的に諦め癖がついてしまうというデメリットがある
  • 努力をできるようになるには、まずは好きなことのための努力を始めることや、体力の回復に努めることが有効な手段である

努力したくない、という気持ちは人間だれしもあるものです。

しかし、努力をしなければスキルを習得することもできませんし、周囲から評価されることもありません。

  

何でもいいので、努力をしていくことが大切なのです。

  

努力をできることは才能ではありません。

自分の好きなことのためだったら疲労を忘れて頑張れるでしょう。

あくまで、嫌いなことや仕事のためのスキルアップだから、意欲がわかないことだからできないにすぎません。

  

大切なことは、まず何でもいいので、自分なりに努力をしていくことではないでしょうか?

努力をしないための努力も、努力の一つですよ。皆さんもできる範囲の努力から始めてみてください。

  

それでは今回は以上です。

-その他