仕事のコツ

なかなか決断できない人はファーストチェス理論を知るべし

2020年6月21日

なかなか決断できない人はファーストチェス理論を知るべし

ユーレス
こんにちは、ユーレスです。

 

本記事のテーマ

・優柔不断でなかなか決断できない

・いつでも迷わないコツ、裏技があったら知りたい

 

今回はこんな悩みについての解説です。

 

この記事を読んでわかること

・あなたがいつも決断出来ない理由

・すぐ決断できるようになるにはファーストチェス理論を知れ

 

 

本記事の信頼性

ユーレス
記事を書いている人は一般企業で働く営業主任。

これまでに部下600名近くと仕事をし、仕事術も教えてきました。 仕事術に関する本は100冊以上読破。

またここ数年では接客、人材育成についてのコンサルを受けました。 現在は副業としてブログをやりながら副収入を得ています。

 

今回はこんな悩みを抱えたサラリーマンへ向けた内容です。

 

まずファーストチェス理論とは・・・

チェスっていうゲームありますよね。知らない人は将棋でもOKです。

「5秒で考えた手」と「30分悩んで決めた手」は結果的には同じになる確率が高いということ。

この理論の研究では約86%の確率で同じになったそうです。

つまり物事の判断をする際にはあまり考えても結果変わらないのでさっさと決めた方が良いというものです。

 

 

いつも忙しいサラリーマンは悩んでいるその時間がすでにもったいないと感じます。

この記事を読んで決断するスピードを高め、仕事をスピーディーにこなすイケてるサラリーマンになりましょう。

 

それでは解説していきます。

 

なかなか決断できない人はファーストチェス理論を知るべし

 

経営者も実践するファーストチェス理論。

 

ソフトバンクの孫正義もこの理論を実践しています。

「どんなことでも10秒考えればわかる。10秒考えてもわからない問題は、それ以上考えても無駄だ」

参考:孫正義 「リスク」を「成功」に変える28のルール

 

 

人間の直観はだいたい正しいということ

「ちょっと考えさせてください」「相談してみます」など仕事のやり取りではよくある言葉ですよね。

何日もかけて考え続けたけど結局判断できなかった、もしくは最初と同じ結果になったってことありませんか?

 

このファーストチェス理論によれば、大抵の場合時間を掛けても結果が変わらないことが多い、直観を信じてすぐ決断する方が良いということです。

普段あなたが決断できない理由

そもそもの話ですが、悩むということは実はその選択肢正直どっちでもよいのでは?

決断する時ってズバッとすぐ決められる場合もありますよね。

悩むということはその選択肢に大きな違いはないということです。

 

少しの差しかないから悩むのです。

もしくは自分にとってそれほど影響がない判断。だからどっちを選んでも結果的に大差ないから判断ができない。

 

つまり直観を信じてすぐ行動する方がコスパ良い

つまりあなたがすぐに決断できるようになる方法は

直観を信じてすぐ決断すること。判断するのに時間は掛けない。

 

悩むというのはそれだけであなたの生産性がストップしてしまうということです。

 

やってみて繰り返すのが成功の道筋

もし決断した方が後々間違っていたのなら修正してやり直せばよいだけです。

世の中のことに取り返しがつかないことなんてそうそうないはず。

 

立ち止まって迷ってる時間がもったいないです。

 

「私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。」

引用:発明家トーマス・エジソン

ただ大きな決断、重要な決断の場合は直観で決めるのはNGです

でも大きな決断、例えば家を買うとか、大きなお金が動くなどの場合でも本当に直観で決めてしまっても良いのか?

 

その答えはNoです。

 

え、最初と言ってること違うじゃんって思いますよね。

日常的なことではなく、人生に重要な決断を迫られるときはそうではないということ。

 

そういった重要な決断の際は判断する為の材料をいかに多く集めるかなんですね。

家を買ってあとでやっぱり気に入らないから変えてやり直すってのは簡単ではないですからね。

 

全てのケースで直観を信じて判断するべきではないということを覚えておいてください。

ファーストチェス理論はあらゆる場面で通用するわけではないのです。

 

ココに注意

全てのケースで直観を信じて判断するべきではない

 

まとめ ファーストチェス理論を参考に効率よく人生を生きよう

 

今回のテーマの結論です。

あなたがいつも決断できないで悩んでしまう理由は

「悩んでる選択肢に大きな違いはない、もしくは自分にとって影響はない」から

 

すぐ決断できるようになるやり方は

「直観を信じて行動、ダメならやり直せばよい。ただ人生における重要な判断の場合は判断材料を用意して良く考えて」

 

悩んでいる時点であなたの人生はストップしているのと同じです。

大事なのはどうせ悩むならとりあえず行動してから悩むのが一番効率よい生き方。

 

もしよろしければぜひ今後の人生に取り入れてみてください。

それでは今回は以上です。

 

関連記事:いつも他人の意見を聞く人生は不幸になります。生きたいように生きよう

関連記事:日本のサラリーマンがストレスを抱えやすい原因はたった1つの○○

-仕事のコツ