仕事のコツ

無礼を働くとお金持ちになれない理由【礼儀正しさこそ正義】

無礼を働くとお金持ちになれない理由【礼儀正しさこそ正義】

 

ユーレス
こんにちは、ユーレスです。

 

本記事のテーマ

・無礼な人はお金持ちになれない理由

・仕事はできてもなぜか出世できない人の原因

・礼儀正しさが人に与える影響について

 

今回はこんな悩みについての解説です。

 

この記事を読んでわかること

・無礼な態度は必ず不幸になり、成功できない

・礼儀正しい人と無礼な人との違い

・周りに無礼な人がいた時の対処法

 

 

 

本記事の信頼性

ユーレス
記事を書いている人は一般企業で働く営業主任。

これまでに部下600名近くと仕事をし、仕事術も教えてきました。 仕事術に関する本は100冊以上読破。

またここ数年では接客、人材育成についてのコンサルを受けました。 現在は副業としてブログをやりながら副収入を得ています。

 

 

長期的なお金持ちや成功者には礼儀正しい人が多いです。なぜでしょうか?

 

それはお金に余裕があるから礼儀正しいのではなく、無礼な言葉自体が損であることを知っているからなのです。

 

今回は無礼さがどれだけ人生に悪い影響を与えるのかを解説していきます。

 

今回の答えとしては、もしあなたがお金持ちや成功者になりたいのであれば

いつも礼儀正しく、笑顔で挨拶ができて話を聞けて相手を尊重して与えられる人になりましょう。

 

逆に無礼な人は無愛想で怒鳴ったり見下したり与えない人です。こういった人はどんなに仕事ができても出世できるチャンスも回ってこないのです。

 

この理由が気になる方はぜひ読み進めてみてください。

 

 

無礼を働くとお金持ちになれない理由【礼儀正しさこそ正義】

無礼を働くとお金持ちになれない理由【礼儀正しさこそ正義】

 

まずは無礼な人がもたらす悪影響について解説していきます。

 

無礼さは周りに伝染する

 

無礼な人の近くにいる人も無礼な人になることがわかっています。

 

例えば失礼な言葉遣いの店員さんから接客を受けたときこっちまでイライラしてつい口が悪くなってしまうなどです。

また仕事場などで、あなたが同僚に挨拶をしたにもかかわらず挨拶を無視されたらこっちもこれから挨拶するのはやめようと思ったりします。

 

つまり無礼な人と関わると無意識のうちに自分まで無礼になってしまうということです。

 

 

無礼な態度は見ただけで悪影響 

例えば職場で同僚が上司から怒鳴られたり見下されたりしているの聞こえてくる環境で仕事に集中できますでしょうか。気になって集中力が落ちそうですよね。

無礼な人と言うのは周囲の人間の生産性を下げて会社に損害を出します。

 

 

無礼さは健康にも悪影響

また無礼さは健康にも悪いことがわかっています。ストレスは喫煙肥満と同じ位健康に悪いと言われています。

 

そのストレスの大部分は人間関係なんです。

 

職場に無礼な人がいると協力的な人間関係を傷つけ、ストレスが溜まって体調を崩しやすくなります。

無礼でいると健康やお金や仕事の生産性も下がるし最悪です。

 

無礼さは記憶に残りやすい

また人の悪い印象というのは頭に残りやすいです。

 

例えどんなに良いことをしてもたった1度の無礼さのせいでそれが印象に残り、結果失礼な人というイメージが定着してしまうのです。

つまり無礼さはデメリットの塊でしかないのです。

 

礼儀正しい人のメリット

礼儀正しい人のメリット

 

まず礼儀正しいだけでチャンスが増えるし仕事をもらいやすいのです。

その理由を解説します。

 

礼儀正しい人は誘われる

何かをやるときに親切で愛想が良い人か、無愛想な人がいたらどっちに声をかけますか?

 

どんなに仕事ができても無愛想な人とは関わりたくはないですよね。

何かあったときに誘われるのはいつも礼儀正しく親切な人です。

 

礼儀正しい人は周囲に人が集まってくるから幅広い人脈やチャンスを掴むことができるのです。

 

礼儀正しい人は出世しやすい

 

あなたの周りにも仕事はできるけど出世できない人はいませんか?

 

もちろん出世したければ礼儀正しいほうがいいです。

いつも怒ってて挨拶を無視していて人を見下してくるような人が出世できるはずがありません。

 

出世するためには仕事の能力以外にも気配りや優しさ思いやりが必要なのです。

 

つまり礼儀正しいと言うのは仕事の能力以上に重要ということです。

 

 

礼儀正しさと無礼さの違い

礼儀正しい人と無礼な人との違いを説明します。

礼儀正しい人はこのような5つのポイントがあります。

 

ポイント

・礼儀正しい人はいつも笑顔

・礼儀正しい人は相手の話をよく聴く

・礼儀正しい人は相手を尊重する

・礼儀正しい人は与える人

・礼儀正しい人は手柄を独り占めしない

 

 

礼儀正しい人はいつも笑顔

まず礼儀正しい人はいつも笑顔を重視しています。

誰かと話す時は目を合わせて微笑みかけ、自分から声をかけることです。

 

逆にいつも不機嫌な顔をしていて目を合わせないと無礼な人だと思われます。

 

礼儀正しい人は相手の話をよく聴く

例えば仕事で不満を感じている時に上司が関心を持ってその話を聞いてくれると救われますよね。

それは自分のことをわかってくれると思えるからです。

 

逆に無礼なのは相手がまだ話しているのに遮って自分の話をしてしまうことです。

それどころかこんなことで悩んでいるのと言って人を見下す話し方をしてしまう人までいますよね。

 

とにかく聞き手に徹することです。

 

礼儀正しい人は相手を尊重する

部下が仕事を終わらせたときに自分からありがとうと言っていますか?

こんなささいなことにも感謝が言えるのが礼儀正しい人です。

 

逆に無礼な人は自分より下の立場の人に無礼な態度をとっています。

部下をみんなの前で怒鳴ったり見下したような発言をしたり相手が目の前にいるのにスマホばかり見たり。

 

これは相手は全く尊重できていません。

 

礼儀正しい人は与える人

実際に他人に何かを与える人は与えない人よりも得をするということがわかっています。

 

与えることで自分の取り分が減るはずなのになぜだと思いますか?

は与えることで周囲の人間関係が良くなってみんなで協力できるからです。

 

何を与えれば良いか分からない人はまず口に出して日ごろの感謝を伝えてみるのが良いです。

いつも行くコンビニ店員さんが「いつもありがとうございます」って言ってくれると嬉しくないですか。

 

そんな些細な事でもこの人は礼儀正しい人だなと感じてもらいやすくなるんです。

 

礼儀正しい人は手柄を独り占めしない

礼儀正しい人は誰かに協力してもらった時に手柄を独り占めにしません。

全ての人が得できるように配慮しましょう。

 

そうすればまた自然と誰かに協力してもらえ結果自分が楽になれるのです。

 

無礼な人が近くにいるときは?対処法はこの2つ!

無礼な人が近くにいるときは?対処法はこの2つ!

 

無礼な人からどう身を守るのかを説明していきます。

 

話は手短に

無礼な人が会社の上司だったり会社の同僚でどうしても離れられない場合は会話を手短にしましょう。

 

無礼な人と長く話していると無礼さが伝染してイライラしてしまいます。

つまり無駄な会話をしないように要点だけを単刀直入に話すようにしましょう。

 

相手に言い返さない、反応しない

重要なポイントはどんなに無礼な態度を取られても決して我を忘れて言い返してはいけないと言うことです。

言い返した瞬間あなたは相手のレベルまで自分を落とすことになるのです。

 

決して深入りしないようにしましょう。

 

まとめ 無礼を働くとお金持ちになれない理由【礼儀正しさこそ正義】

まとめ 無礼を働くとお金持ちになれない理由【礼儀正しさこそ正義】

 

つまり礼儀がある人は笑顔で挨拶ができて話を聞けて相手を尊重して与えられる人です。

 

振り返ってみればなかなかできてなかったなと言う人が多いんじゃないでしょうか。

なんとなく毎日仕事してるとありがとうと言う機会も少なくなっているのかもしれません。

 

逆に無礼な人は無愛想で怒鳴ったり見下したり与えない人ですこういった人はどんなに仕事ができても出世できるチャンスも回ってこないのです

 

ここで注意して欲しいのは無礼かどうかは相手がどう感じたかで決まると言うことです。

上司がお前のために言っているんだと思うのは自由ですが、部下が不快に感じればやる気がなくなります。

 

無礼な人と関わると健康も仕事も金銭的にも損をしてしまいます。礼儀正しければ人脈に恵まれていろいろなチャンスが回ってくるのです。

 

礼儀正しくなりたければ相手を尊重して笑顔で話を聞くこと、無礼な人ともし別れられない場合はできるだけ接する機会を少なくすることを心がけてください。

 

それでは今回は以上です。

 

 

 

関連記事:世渡り上手な人って嫌いですか?世の中の職場って実際こんなもん

関連記事:真面目だけど嫌われる・・・そんな人は人間関係における2:6:2の法則を知るべし

関連記事:世渡り上手な人って嫌いですか?世の中の職場って実際こんなもん

 

-仕事のコツ